スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 読書

第三段は和泉桂さんの『ふしだらで甘い誘惑』。
そう云えば序盤で読むの中止してたなぁ、と思い出して。
面白かったです。三人称なんだけど、視点が受攻切り替わるので新鮮でした。
気に入った作品は常々攻視点でも読みたくなるものですが、この方法は一石二鳥だ(笑)
受攻2人の心理描写も、行動描写も、エロ描写も、全部が丁寧で愉しめました。
気持ちが通じ合って即エロ。しかもあっさり。とか云うのは好きじゃないので。
和泉桂さんて巧いんだなぁと思いましたよ。次巻も有るらしいので読もうかな。
でも主人公が攻の弟らしく(多分受)。攻は893関係か…好みそうなら買おうかな(微妙)
16:12 | BOOKS
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://piyoxpiyo.blog16.fc2.com/tb.php/196-4618ada6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。